スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔、宿にて

これはだいぶ以前に見た夢なのですが、
結構印象に残っていたので書いてみます。
近頃、夢見が悪くて疲れるのですが、
またこんな叙情的な夢が見られたらと思います。
今度イラストにでもできたら素敵なんですが…




とある作家さんがおりました。
私は本には疎く、その方のことはよく存じておりませんでしたが、
その方に買われて、一緒にとある宿におりました。
その方は家をもたず、ずっとこの宿を家としておりました。
そのような生活ですからよくわからない私でも
その方が作家としては成功されている方であることは理解しておりました。
私は部屋から出ることもなく、口を開くことも滅多にありませんでした。
よく窓辺に座りただ外を眺めておりました。
その方はそんな私をいつも静かに見ているだけでした。
その宿には年頃のお嬢さんがいらっしゃって、
その方にいつも熱心に話しかけていらっしゃいました。
とても元気のいい明るい溌剌としたお嬢さんで、
その方のことを『文豪さん』と呼んでいらっしゃいました。
ある日のこと、部屋の障子の向こうからお嬢さんの明るい声が聞こえてきました。
「『文豪さん』に会いたいの!」
宿のご主人は『文豪さん』は出かけているし、お客様の部屋には入ってはいけないと
必死で諭していらっしゃいました。
お嬢さんは私の存在をご存じなく、
ご主人は私のようなものがいることを見せたくなかったのでしょう。
ご主人も『文豪さん』のことは気に入っておいでのようでしたから、
お嬢さんが女の存在を知り傷付くのを不憫に思ったようです。
それでも私はただ静かに外を見つめるだけでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きつねこ

  • Author:きつねこ
  • サーバー:アルタイル
    クラス:エルフ
    レベル:52
    他:47WIZ、45幻etc
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QR
紙兎ロペ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
黒ねこ時計 くろック D2
ブログ内検索
リンク
Lineage epi Re:
リネージュアップデート「Episode Re:」 2008年6月24日リリース決定!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。